高齢ドライバーの運転特性

高齢ドライバーの運転についてQ&A方式で、ご説明します。

高齢ドライバーの運転について
Q&A方式で、ご説明します。


					問1 高齢ドライバーの特徴は?
					答 次のような傾向が高くなるようです。
					① 相手の車を見落としてしまう。
					② 相手の速度を間違って認識してしまう。
					③ 信号や標識を見落としてしまう。
					④ 気づいてから行動するまでに時間がかかる。
					⑤ 運転操作間違い。

					問2 高齢ドライバーの運転特性は?
					答 次のような特性があるようです。
					① 様々な情報を収集し対応することが苦手になる。
					② 動いているものを見る視力(動体視力)が静止状態で静止したものを見る視力(静止視力)以上に低下する。
					③ 視野が狭くなり、視野の周辺部分の状況変化に気づきにくくなる。

					問3 運転についての相談先は?
					答 松江市又は浜田市にある運転免許センター又は最寄りの警察署において、相談を受けています。