高齢ドライバーによる事故が増えています。

島根県では、交通事故件数、交通死傷者数ともに減少傾向にある ものの、交通事故死亡数に占める高齢者(65歳以上)の割合は 依然高く、また高齢ドライバーが第一当事者となる交通事故が増 えています。

交通事故を防止するために、高齢ドライバーの運転特性や交通事故の特徴などを知りましょう。

改正道路交通法(平成29年3月12日施行)により、75歳以上の高齢ドライバーの認知機能チェックが厳しくなりました。

認知機能や身体機能の低下などにより運転に不安を感じる高齢ドライバーやそのご家族の方には、「運転免許自主返納」の制度があります。

免許を自主返納された方を対象に、
交通事業者や自治体が支援制度を設けています。